7月 2015 - ちんこが立たない

体に余分な水分が溜まるとちんこが立たないことがある

いつまでもパートナーとの夜の生活を楽しみたいと考えるものですが、どうしてもちんこが立たないこともあります。これはEDと呼ばれ、これに悩む男性は世界中に存在しています。現在は医療が進歩したことでEDの治療が可能となっているのです。クリニックでは問診が行われ治療薬の投与によって治療が行われますが、現在の日本ではバイアグラ、シアリス、レビトラの三種類が処方されます。これらの治療薬は効果的ですが、薬代が高いというマイナス点がありました。しかし、インドなどの製薬会社で作られるジェネリックがあるので、インターネット通販などで安価に手に入れることが出来ます。自分に合ったものを選びましょう。

EDが起こる原因はいくつもありますが、意外なことに水分によってEDになることがあります。脂っこいもの、甘いものなどを暴飲暴食してしまうと胃腸の機能が低下し、体内に余分な水分が溜まってしまいます。この状態は湿熱下注と呼ばれ、EDや早漏など夜の生活の問題が引き起こされるのです。こういった余分な水分を排出するにはゴーヤ、冬瓜などの瓜類、大豆などの豆類を摂取することをオススメします。軽いスポーツやサウナも良いでしょう。

そのほかにEDが起こる原因として、ジャンクフードがあります。ジャンクフードにはトランス脂肪酸が含まれており、これによって体内の悪玉コレステロールが増加してしまうのです。悪玉コレステロールの増加した血液はドロドロになり、勃起に必要な血液が届かなくなります。中折れ、勃起しても十分な硬さが得られない、などの症状は血行不良が原因です。特に独り暮らしの男性は食事を手軽なジャンクフードで済ましがちですので注意しましょう。

ちんこが立たない、中折れするなどの症状は即治療

性交渉はパートナーとの良好な生活において欠かせないものですが、EDで勃起しなくなってしまうと不仲の原因になってしまいます。ちんこが立たない状態をEDと呼びますが、性交渉の途中からたたない、立ったとしても十分な硬さにならない、などの症状もEDの中に含まれます。現代は医療が進歩したことでEDの治療が可能となっていますが、こういった軽い症状の内に診察を受けたほうが早く治すことが出来ます。

何より大切なことは医師の診断を受けることですが、どうしても診察料が気になってしまうもの。しかし、EDは自由診療となっているため、医師が診察料を決めることが出来るのです。そのため、初回の診察料を無料にしているクリニックも少なくありません。専門のクリニックは男性スタッフばかりですし、診察内容は問診で終わるので恥ずかしさはありません。薬で治すことが一般的で、日本にはバイアグラ、シアリス、レビトラの三種類の薬があります。医師の指示に従って薬を服用しましょう。しかし、これらの薬は効果的ですが薬代が高いというデメリットがあります。そのため、現在はインドなどの製薬会社で製造されたジェネリックが登場しています。ジェネリックですので同様の成分で同様の効果を得ることが出来ます。リーズナブルにEDを治したいのであれば、ジェネリックの服用をオススメします。

また、薬以外でEDを改善させることも可能です。勃起は海綿体に血液が集まることで固くなります。そのため、血液をサラサラにしなければなりません。野菜や青魚中心の食生活にすることで血栓を溶かして、ドロドロの血液をサラサラにすることが出来ます。また、トランス脂肪酸を大量に含むジャンクフードなどは控えましょう。